飲むタイミングはいつが良いの?

飲むタイミングについて徹底調査しました!

いぶきの実は、服用し続ける事で空気の通り道をスムーズにしたりストレスを減らす効果があり、いびき等を改善し穏やかな夜を手に入れたい人向けのサプリメントです。

 

サプリメントですので飲むタイミングは決められておらず、好きなタイミングに1日2〜4粒飲めばokです。

 

より効果的な時間に摂取したいという方は、消化に要する時間やサプリの成分・目的を考慮して飲むタイミングを就寝時間の【3時間〜5時間前】に設定するのが良いでしょう。

 

例えば、夜間に眠る方であれば、夜ご飯を食べた後の習慣化にすると覚えやすいです。

 

飲むタイミングも大切ですが、「毎日継続して飲み続けること」がとても重要です。

 

ご自身の覚えやすく飲みやすいタイミングで、毎日忘れないように飲み続ける事が大切です。

 

服用のルールや飲むタイミングは?

 

用量は1日2〜4粒、好きなタイミングで飲めばokです。

 

基本は2粒の摂取で、より高い効果を実感したい方は4粒飲む事を推奨されています。1袋60粒入りですので、1日2粒であれば約1ヶ月分となります。

 

飲むタイミングはいつでも大丈夫なのですが【夜眠る前に飲む】方が多いようです。

 

基本的にはご自身の生活スタイルに合わせて好きなタイミングで飲めば良いのですが「毎日飲み続けること」がとても大切です。

 

飲み忘れのないよう、決まった時間やタイミングの服用を習慣化する事が大事です。

 

なぜ夜眠る前に飲むのが良いの?

 

いぶきの実はお薬ではなくサプリメントですので、多くの市販薬や処方薬と異なり服用時間が決められていません。

 

そのため製造元も、決まりはないので好きな時間に飲めばokとアナウンスしています。

 

…とは言え、せっかくなら一番効果のあるタイミングで飲みたいですよね。

 

まず、いぶきの実の目的はいびきやストレスの無い「穏やかな夜」を手に入れる事です。そのため、夜寝る時間に一番効果が出るように持っていきたいですよね。

 

いぶきの実には、いびきの原因に働きかける「還元型コエンザイムQ10」という成分が含まれています。

 

コエンザイムQ10には酸化型と還元型の2種類があります。

 

酸化型の場合は体内で還元型へと変換する必要があるため、本来の摂取量より減ってしまったり、変換に時間がかかったりしてしまいますが、還元型はその問題がありません。

 

無駄が発生しないため高い吸収率を誇り、スムーズに吸収されるのです。そのため、効果の実感まで余計な時間や工程を必要としません。

 

口から摂取するサプリメントですので、消化の時間を考えると就寝時間の「3時間から5時間前」頃飲むのがベストです。

 

そのため、飲むタイミングは【夜ご飯を食べた後の服用】で習慣化すると、消化の時間的にも習慣化の意味でも最もオススメと言えます。

 

ライフスタイルにより眠る時間帯には個人差があるかと思いますので、日中眠る方などはご自身のライフスタイルに合わせてお飲みください。

 

継続的に飲み続ける事が大切

 

いぶきの実の効果を実感するために大切なことは、毎日継続的に飲み続けることです。

 

それも、体内の細胞が生まれ変わる期間の影響で「3ヶ月ほど飲み続ける」ことで、穏やかな夜を実感する人が多いです。

 

飲むタイミングも大切ですが、効率が良いからと言って飲むのが難しい時間・忘れやすい時間帯に設定してしまうと元も子もありません。

 

毎日飲む事を意識し、ご自身の飲みやすいタイミングで飲み続けるようにしてください。

 

それでも、時には飲み忘れてしまう日もあるかもしれません。

 

そんな場合は、次の日に2日分まとめて飲むと言うのはご法度です。

 

用量は1日2〜4粒ですので、特に毎日4粒飲んでいる方が1日で8粒飲むのは絶対にダメです。

 

安心安全で副作用の起こりづらい成分ばかりですが、過剰に摂取した場合の反応が心配になる成分も含まれています。

 

飲み忘れた日の分は1度リセットし、1日の用量を守って飲む事を心掛けてくださいね。

 

>> 好きなタイミングで飲める「いぶきの実」の公式サイトはこちらいぶきの実 飲むタイミング