成分は何が入っているの?

成分は何が配合されているのかを徹底調査しました!

眠る時に喉元の筋肉が弛緩することで空気の通り道が狭くなる事でいびきが発生します。

 

いぶきの実には、筋肉の働きを活発にして空気の通り道の狭まりを改善する成分「還元型コエンザイムQ10」と、それをサポートする「えごま油」が含まれています。

 

そもそも眠る時になんで筋肉が弛緩してしまう人がいるのかと言うと、その原因は様々です。肥満だったり、飲酒や疲れだったり…。

 

原因の中でも多い割り合いを占めるストレスを減少させる働きのある成分「ギャバ」と「ラフマエキス」も含まれています。

 

いびきを発生させ辛くなるだけでなく、ストレス軽減=リラックス効果による安眠効果も受けられるのです。

 

元々体内に存在したり、植物由来の身体に優しい成分で構成されていて、副作用の可能性も極めて低いため、長期に渡って安心して飲み続ける事ができます。

 

いぶきの実に含まれている成分

 

いぶきの実の中でも特に代表的な成分は、空気の通りをスムーズにする「還元型コエンザイムQ10」と「えごま油」、リラックス効果のある「ギャバ」と「ラフマエキス」です。

 

それぞれ詳しく解説していきましょう。

 

還元型コエンザイムQ10

 

もともと体内に存在する成分ですが、加齢と共に減少していきます。

 

美容・健康・疲労回復の効果があるとされ、近年は健康食品や美容用品にも多く使われています。

 

そのエネルギーを作る効果が筋肉細胞を活発化させ、いびきの原因である喉元の筋肉弛緩を和らげてくれるのです。

 

また、コエンザイムQ10には酸化型と還元型の2種類があり、一般的によく流通されているのは酸化型です。

 

還元型は酸化型に比べ吸収性が高く、よりスムーズに体内に吸収されるという特長があります。

 

えごま油

 

えごまと言うのはシソ科植物で、えごま油はそのえごまの種子から抽出したオイルのことです。

 

漢字で「荏胡麻」と書きますが、ごまとは無関係です。

 

オメガ3脂肪酸がたっぷり含まれていて、えごま油は温活や朝のスッキリ感や美容にも効果があるとされています。

 

中でも特筆すべき点は、ビタミンEが大量に含まれていることです。

 

ビタミンEはコエンザイムQ10ととても相性が良く、その効果を高めてくれる働きがあります。

 

ギャバ

 

ギャバ(GABA)とはアミノ酸の種類のことで、Gamma Amino Butyric Acidを略した言葉です。

 

野菜やくだもの、特に発芽玄米に多く含まれている成分で、ギャバが不足してしまうとストレス性の症状が出てしまうこともあります。

 

安眠・リラックス効果があり、いびきや睡眠の大敵であるイライラを遠ざけてくれます。

 

ラフマエキス

 

ラフマという、中国で古くから精神をリラックスさせる薬草・お茶として親しまれていた葉から抽出されたエキスです。

 

睡眠の質改善に効果的で、ストレス軽減と精神の安定化にも期待ができます。

 

いぶきの実の成分とその効果

 

以上のように、筋肉の働きを活発にする事で気道の通りをスムーズにする効果と、リラックス効果でいびきを減らし安眠にも効果がある事が判りました。

 

どれも、もともと体内にある成分であったり、自然由来の成分であったりと、身体に良い成分ばかりです。

 

主成分以外にも各種ビタミンE群など、健康・美容や安眠のために良い成分が豊富に含まれています。

 

きちんと用量を守り過剰摂取しなければ、副作用の心配もほとんどありません。

 

ただし持病・アレルギーの心配やその他服用中のお薬がある場合には、いぶきの実を飲み始める前に念のためお医者様にご確認ください。

 

いびきや歯ぎしりの減少・安眠に効果的で、身体に良い安全な成分ばかりなので、安心して飲み続けることができますね。

 

成分の特徴上、即効性と言うよりしばらく飲み続けて効果が発揮されるサプリメントですから、まずは3ヶ月を目安に服用してみてくださいね。

 

>> 身体に良い安全な成分の「いぶきの実」の公式サイトはこちらいぶきの実 成分